地殻変動の観測・測量

予知のメカニズム

地殻変動

国土地理院(http://www.gsi.go.jp)より

巨大地震の前に起こるとされる地殻変動(地面の動き)を測量し、地震を予知する方法です。地震の前後にかかわらず常に地面はすこしずつ動いているといわれますが、巨大地震の前にはその変動が特に顕著になると言われています。

GNSSと呼ばれる人口衛星の測量システムにより、地殻変動が観測されそのデータが国土地理院により管理・発表されているため、そのデータを利用することにより地震予知を行います。

主に東京大学名誉教授の村井俊治教授が顧問を務める民間会社のJESEA地震科学探査機構がこの方法で予知を行っており、マスコミにも多く取り上げられたため有名な予知方法の一つです。

予知サイト

JESEA地震科学探査機構が有料メルマガにて予知情報の配信を行っています。

SNSでシェア